スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.58 “おきみやげ”

===========

「……“おきみやげ”、頼む!」

 口の中に感じられる粘りつくような苦みを噛みつぶしながら、おれは言い放った。
 声は、おれの視界の先、空中で浮かんでいるあいつの丸い背中に届く。わずかに震えるように跳ねたその背中を見て、おれは少なからず後悔する。だが、もうその言葉を戻すことなど、できはしなかった。
 あいつはーー暮れかけの夜のような暗い紺色をした丸い体から、両腕と頭の上に雲のように白く丸い綿を伸ばしたおれのワタッコは、力なく垂れていたしっぽを今一度、とばかりに張り直し、下がっていた綿の腕を静かに持ち上げる。
 おれとワタッコ、二人して見据える先に、剣のように尖った腕の先に爪を鈍く光らせている、ガブリアスの姿がある。“げきりん”で散々暴れた後、前後不覚の状態。狙うなら、やっぱり今しかなかった。
 ふわふわと勢いなく、だが確実に、ワタッコは風を乗り継いでガブリアスの目の前まで到達する。そこであいつは、残った力を振り絞るようにして腕と頭の先を張って見せた。
 すると、その先にある丸い三つの綿が、ほのかに輝き出した。ガブリアスがその異変に気づいた時には、雲のような綿を内部から照らす光は一層強くなり、綿が膨らんでいるかのような錯覚をおれに起こさせる。
 妨害しようと振り上げられたガブリアスの爪がーーけれど、よろめいた体ごと空を切る。ワタッコはその全身まで光に包まれ、中から揺さぶられるように震えて、直後にーー力を失って、音もなく地面に落ちてしまった。
 突然の出来事に、ガブリアスは尖った頭を傾けてから、再び腕を持ち上げる。ワタッコに、とどめを刺すつもりだ。
 だけど、おれは慌てない。何も言わず、けれど歯を食いしばって見るのは、倒れたワタッコが宿していた光の塊だ。
 それはまだ、倒れたワタッコのすぐ頭上に、ガブリアスの目の前に残っていた。光を気にしていないのか、一歩踏み込んだあのポケモンが、光に触れる。
 その瞬間に、光がひとりでに動いた。まるでワタッコが乗り移ったかのように、丸い形を残しながらガブリアスに纏わりつく。
 振り払うように、ガブリアスが翼の腕をばたつかせる。だがその動きは、あいつ自身が違和感を覚えるくらい遅く、やわに見えるものになっていた。
 残してもらった力を、無駄にはできない。モンスターボールを握る右手に、そっと力がこもった。

===========

・ひとこと

 とっても長いのはたぶんワタッコのせいです。ワタッコマジ嫁です。
 実は先日、携帯テキスト入力機器の「pomera」をついに買ってしまいまして、今回はそれを使って電車の中や教室の中で書かせていただいてます。
 バックライトはありませんが明るければ文字も見やすく、キーボードの打ちやすさもサイズにしてはかなりのもの。文章書くのだいすきって方はぜひオススメです。

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

NO.52 “おいうち”

=========

「戻れ、ユンゲラー!」

 相手の男の子が、バッとモンスターボールを上にあげて、交代する素振りを見せた。ごめん、だけど!

「逃がしちゃダメだよ、エイパム!」

 わたしが言うと、こくんと頷きながらエイパムが突っ込んでいく。男の子のモンスターボールが、ポケモンを戻すための赤い光を出したと同時に、わたしの子のシッポに、黒い光がいっぱいに満たされた。
 ブワッ、って音がして、その光が小さく爆発する。エイパムはそれをうまく使って、爆発のいきおい押し出されるように、跳び上がってた空中から、もういっかい飛ぶ。これまでよりも強く、一気に相手の、ユンゲラーのところまで。
 モンスターボールの光が、飛んでくるよりも早く。まばたきするくらいの間にユンゲラーの頭の前までたどり着いたエイパムが、まだ強く黒い光でそまった拳のようなシッポを、勢いのまま叩きつけた。

==========

・ひとこと
 
 ものすっごく時間がないシリーズ、そのにっ!!
 とか言いながら短くない感じですが、さっきよりも労力はかかってません。えっと、実は自小説のキャラを使ってたりしますが時間的にさっさと次っ!

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

NO.43 “うそなき”

=========

 プラスルの詰まった鳴き声が、どんよりと厚い雲を並べた空から降る雨のように、しとしとと辺りを覆う。
 目を伏せて屈み、身を震わせるその姿に、この一帯で幅を利かせているマッスグマも敵わないと思ったのか、身体を持ち上げてプラスルの元に向かった。今回ばかりは勘弁してやろうかと、盗んだばかりのオレンの実をその傍らに置く。
 顔を隠したプラスルの瞳から雫と憂いが消え、十字を描く尻尾に青く光の筋が走ったのは、その直後だった。

=========

・ひとこと

 マッスグマかわいそうに……なんですが、まあコイツも盗みを働いていたようなので、いいクスリにはなるのかもしれません。でもやっぱり不意打ちは怖いです。
 なかなか実用的なワザな気もするんですが、そんなに使われるのを見ませんよね。防御よりかは攻撃を下げたほうが補助ワザの立ち位置的にはいいんでしょうか。ダメージ増やすんなら自分の能力を増強したほうがいいですしね、可能であれば。プクリンとかですかね、使うとしたら。

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

NO.31 “いちゃもん”

===========

「よし!」

 雷を纏わせたボロネーゼ――オレのトゲチックの愛称だ――のパンチが、モウカザルの顔面に叩き込まれる。決まった一撃に、思わずガッツポーズを決めてしまう。
 大分苦戦させられたが、あと一撃。おそらく、それで勝負が決まる。運次第ではあるが、大丈夫なはずだ。

 と、モウカザルのトレーナーが、顎に手を当ててから思いついたように手を打つ。何か策を考え付いたのか、と思った途端に、それが来た。

「モウカザル、“いちゃもん”!」

「なあっ!?」

 まさかという思いで出した声を無視するように、モウカザルが手を口に当て、怒ったようにこっちに鳴き声を掛けてくる。その音自体は別に何でもないが、まるで声に色が付いたように、風に乗って青い光がボロネーゼへと向かっていく。
 避けることも敵わないままその光に包まれたボロネーゼを見、オレは陰鬱の面持ちでモンスターボールを手に取った。

「……キミ、それやめたら? 今気付いちゃったけど、僕がこれ使い続けたら、終わらなくないかなこのバトル」

「う、五月蝿い! というか、あんたの方が自重してくれって! オレは絶対ぜーったい、“ゆびをふる”以外使わないんだからな!」

 この旅のポリシーを強く言い放って、自分でも再確認。
 全てのバトルで“ゆびをふる”しか使わないなんていうこの苦行には当然色々穴があるわけで、このワザもそんな一つ、というわけだ。…………はぁ。


==========


・ひとこと

 いきなりよく分からない設定が出てきましたが、実はちょこっとだけ実話です。実は実話。
 こういう縛りプレイを本当にやっていて、確かトバリに入る前のトレーナーだったかと思うんですが、そいつが回避不能の位置でいちゃもん持ちモウカザル使ってくるんですよね。トゲチックのほかにも合計6匹いたんですが、コイツを倒すのにすごい苦労した覚えがあります。   …………実はこの話はゲフンゲフン

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

NO.9 “あくのはどう”

===========

夜闇を写しこんだような黒の体躯、その引き締まった後脚が強く地面を踏み込み、土片を盛り上げる。
直後、鋭く尖った長い尾が空に向かって張られ、咆哮が通り渡る。同時に鋭い骨格を持ったその獣の大口から、炎のように滾る一つの塊が撃ち出された。
燃え盛るように蠢くその珠の色は、しかし夜の闇ともつかない深紫を纏っており、まるで怨念を燻らせたかのような様相で、撃たれた軌道通りに宙を突き進んでいく。
その闇の塊が、直進の最中で唐突に弾けた。中心から周囲へと、これも色を同じくする深紫の闇が、波紋のように拡散した。宙に走る波は、空気を押し退けるように広がっていく。辺りを暗闇に染めていくようなその波動が持つ静かな威圧は、しかし激しい爆風のような力を得ているのだ。

===========


◇ひとこと
さて、第9回になりますが、今回は通学時間にケータイを利用して書かせていただきました。あんまりメール打つの速くないので、結構苦労してしまいます。
“あくのはどう”はエフェクトだと使用者からの周囲攻撃ですが、そういうワザってけっこう多い気がするので、これはまず塊になっているエネルギー弾を撃ちだし、それが破裂して波動を発生させるという、直射→周囲のスタイルをとってみました。なんか相手の飛び道具撃ち落すのとかに使えそうな予感です。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。