スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.24 “あわ”

=========

「こらっ、待ちなさいって!」

 湿った地面を蹴っ飛ばして、私はニョロモの丸い背中めがけてダイブするように飛び掛かった。体ごと抱いて止めるつもりだったけど、思った以上にぬめぬめとしたその体に指が滑って、辛うじで薄い尻尾だけを掴む。
 やっと捕まえたと、地面に擦り付けられた胸を撫で下ろすようにため息をつく。とにかくこれで、手を患わせられるのも終わりだと思ったその時、見上げた頭上に、いくつかの球が浮かんでいた。

「わっ、これ……“あわ”っ!?」

 薄い薄い、外の線だけを見せてるその水の球が、強く照りつける太陽の光で、まるでガラスのように輝きながら、私のほうにゆっくりと降って来る。払おうにも両腕が塞がっていて、私はそのまま、その球を自分の体に落とすほかに手の取り様がなかった。
 ニョロモの口から吐き出されて、背中を通って落ちてきたいくつもの泡は、ガラスのように鋭く割れることはなく、ただ、空気を吐き飛ばして弾ける。別に痛いわけでもないし、このくらいで……って、

「ちょっ、何よコレ、やだっ!」

 泡は、確かに弾けたんだけど。
 弾けた後の水が、なんだかどうにも、宙を浮いてたとは思えないくらい、強い粘り気を含んでいた。地面に伏してる私の体に、脚に、ベトベトと、いくつもいくつも気持ちの悪い水……なのかどうかよく分からない、透明の球が降って来る。
 それが腕の先、ニョロモの尻尾を掴んでる手に落ちた時、私は思わず、手から力を抜いてしまう。するりと、丸く伸びたそれが抜け落ちて、ニョロモの体が私から離れていく。

「あんたちょっと、待ちなさいよコラ! いやちょっと、ホントにコレ困るから、ねぇっ!」

 手を伸ばしても届かないから、脚に力を入れて立ち上がろうとする。なのに、粘りついた液体のせいで上手く動かせなくて、どんどんと小さな背中が遠くに行ってしまう。
 ニョロモを捕まえるとか捕まえないとか、そんなことを考えてられる場合ではなくなってきていた。

========

・ひとこと
 
 ……すっげー嫌な泡ですね、これ。
 あわといえば素早さを下げる効果ですが、ただ弾けるってだけではそういう効果は出にくいものかと思ってこんな風にしてみました。
 しかしこう、“あわ”ってすごいシンプルなネーミングですよね。他にもモノそのものが名前になってるものは多々ありますが、これほどのストレート感は中々ありません。なんとなく、初代だったからこそのネーミングだなぁって思いました。いい意味で。

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

NO.19 “あまごい”

=========

 オレ、もうほんとヤベーって思ってたのよ。
 暑いし、水もねーし、なんか遠くの方ユラユラしてたし、クソ暑かったし。
 ん? なんであの砂漠一人で行ったかってそりゃ……アレだよ、なんか遺跡? 石室? そんなのあるって話じゃん、あそこ。……いや、結局見つけらんなかったんだけどさ。……あ? ちくしょー、言ってら。
 でな、ともかくよ。ぶっちゃけあのクソ暑い砂漠で迷って喉カラッカラで、それでもうマジで死ぬって思ったら、来たのよ。来たんだっつー。

 何がって、言ったろ? あののっぺりした顔した、ヤジロンだよ。
 しかもソイツら、すっげー数多いの。オレの周りぐるっと囲めるくらいいやがって、しかもその通りに囲みやがるんだぜ。あの変な手で。
 まぁ、正直思ったぜ、そん時は。あ、オレの場合はコイツらが天国に連れて行く天使なんだなーって。だって超囲んでスゲー回ってんだもん。それっぽくね?

 そんなん思ってたら、なんか急に空のへんが光って、青くって丸い変な玉みたいなのが出来てたのよ。ワケわかんねぇだろ?
 でもよ、それがさ、なんかピザの生地みたいに伸びんのよ。回りながら、クネクネって。
 もうそん時、暑さで頭おかしくなったのかと思った。……あ? いつも頭おかしいって、んだとてめー。
 でもよ、んでさ、そんなんでボーっとその玉見てたら、急にまた元の形に戻って、いきなりブシャーッって爆発したわけよ! 水風船? 割れるみたいなさ。
 は? とか思ってたら、そっから、そう、雨みたいに水が出るわ出るわ。暑いとかカラカラとかもう全然ねーの。ひたすら冷てぇ水がドバドバ落ちてくんだわ、その玉のへんから。
 オレ、最初はワケわかんなかったんだけど、もう興奮しちゃってさ。すげーはしゃいで水浴びてたんだけど、気が付いたらヤジロン共はいなくなってたんだよなぁ。礼くらい言いたかったってのに、そのへんよく分かってないヤツラだぜ。

 ……あ? あー、ま、そういうことよ。ぶっちゃけ、ホレた。ヤジロンすげぇわ。オレ、あいつ育てたいってマジで思ってる。だからさ、今度砂漠行かね? ……ダメか。

=========


・ひとこと

 あまごいというと、なんとなく戦術的な第一手という印象が強いですが。
 今回は人とポケモンの、こんな関り方にしてみました。ちなみにヤジロンはわざマシンにてあまごいを習得できます。なぜ野生がそんなワザを習得していたかは……ご想像にお任せします(すみません考えてないだけでございます)。これを掘り下げればこのシチュから短編くらいは出来そうですね。
 にほんばれの方は、強く光った小型太陽が空中に浮かぶよいう認識がかなり共通浸透していると思うのですが、あまごいはイマイチ固定的な描写が無いなぁと思い、適当に考えてみました。
 私は出しませんでしたが、雨雲を呼ぶというのもそれっぽいですよね。ただこれだと、“かみなり”使用時に雲が被るなぁとか思って、あとビジュアル的にあんまり美しくないっぽかったのでちょっと変えてみました。
 しかしこのワザ、干ばつ地帯とかではマジメに重宝されそうですよね。でも酷使されてポケモンが大変そうです。

 余談ですが、文体というか視点をこういう会話の一方側だけの形式にしたのは初めてだったりします。小説のほうでこんな形式をやってみたかったので、試験的に使ってみました。意外に難しくって上手く扱えるか不安でなりません。

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

NO.7 “アクアリング”

==============


「ねーチョンチー、お願いなんだけど…… “アクアリング”に入れてくんない? わたしのこと」

 あ、ポカーンって顔された。口かわいいなぁ、この子。って、まぁそれは置いといて。

「いやね、あのね、あれほら、“アクアリング”ってさ、体力回復するんだよね、だんだん。つまりこう、疲労回復だよね」

 わたしが説明すると、最初は頷いていたけど、すぐに首……っていうか体を傾ける水色のまるっこい彼。よく分かっていないみたいだから、理解してもらうためにも、わたしは言葉を続けた。

「その、わたしも最近疲労溜まっちゃってる? 感じでさ? ほらほら、モンスターボール投げたりすると肩凝っちゃうっていうか? チョンチー、いっつも気持ちよさそうにしてるから、わたしもちょっとだけソレ体験してみたいなー、なんて。……ムリそう?」

 確かに疲れてないわけじゃないけど、別にそんな中年のおばさんみたいな悩みが溜まってるわけじゃなかったりする。つまるところ、一番の理由は興味。好奇心。なんだけど、意味もなくチョンチーにわがまま言うのもどうかな、と思ったからこんなことを言っているわたしだった。いや、結局意味とか特にないんだけど。
 でもさ、不思議なんだよね。あんな水の輪っかが体の周りで止まってることがすでに謎だし、しかもその中にいると回復までするって、なんかもういっそ卑怯なレベルで不思議だよ。
 というわけで、その不思議を身をもって味わいたいなーって、そう思ってるわけです、わたしは。
 と、チョンチーから返答がくる。えーっと、二本のちょうちんを自分の頭にもってきて、さらにわたしの方へそれを向けて、それから二本で……バッテンを作られちゃった。

「えーっと、ダメ……ではなく? うーん? つまり……あ、自分にしかできないってこと?」

 首を振って、もう一回自分自身に触角のように伸びる光を当てるチョンチー。その動きから出したわたしの答えが、見事にビンゴだったようで。チョンチーは相変わらずちょっとだけ開いた口のまま頷いた。
 なるほど、確かにそうだ、そうだった。“アクアリング”って自分にしか使えないってワザだったよね。……となると、わたしが入るのはムリかなぁ。…………いや、そうだ!

「チョンチー、“アクアリング”っ! ……あ、自分にでいいから!」

 思いついたことがあり、さっそくチョンチーにリングを出してもらうことにする。でもチョンチーの言うとおりに、あの子自身にだ。
 戸惑いながら、それでもチョンチーは光の触角を左右にピンと伸ばして、くるりとゆっくり回転する。
 すると、体から張り出たその触角をペンとして描いたみたいに、空中に透明な輝きが……管みたいになった水のかたまりが生まれた。一回転の中で両方の触角がお互いの作った水をなぞって、透き通ったフラフープのような水の輪っかが、チョンチーの周りで浮かび始めた。
 やっぱり、いつも見てるけどかっこいいしかわいいなぁ。よし、それじゃあ、

「しつれい……っと!」

 声と一緒に、わたしはチョンチーの目の前でかがんで、アクアな輪っかに引っかからないようにして……リングの内側、チョンチーのところに潜りこんだ!
 びっくりして声を上げるチョンチーに「ごめんごめん」と言いながら、長マルみたいなかわいい体を抱きしめる。胸に抱えてちょっとチョンチーの位置が高くなると、“アクアリング”も一緒になって高い場所に動いてきた。
 さらに、チョンチーを胸に抱いたまま前に、右に、左に歩くと、透き通った水の管も、わたしたちを抱き囲むようにして同じようについてくる。水でできてるだけあって、内側にいるわたしの元に、プールに入った時みたいななんとも心地がいい涼しさが運ばれてくる。
 うわぁ、どうしよ、上手く行っちゃった。リング入り成功だよ!

「すごいすごいっ! ……けど、回復……はしないねぇ。あ、チョンチーはしてるの? 疲労回復なの?」

 考えた通りに自分の望みがうまーく叶ったのは良かったんだけど。そうそう、カンジンの回復がなんだろう、ちょっと分からないね、うん。
 最後でまた体をひねられちゃったけど、チョンチーはとりあえずバリバリ回復中みたい。よく見たら、“アクアリング”とチョンチーが、どっちも同じような青い光に包まれてるね。これ……わたしには出てないよねぇ。
 そっか、チョンチーが出したものだから、やっぱりチョンチーにしか回復は行かないのかぁ。残念だねぇ……いや、そうだ!

「ありがと、戻っててチョンチーっ!」

 またびっくりして声を上げるチョンチーが、わたしの取り出したモンスターボールの中に吸い込まれていく。
 そうだよ、チョンチーに戻ってもらえば、後に残るのは『“アクアリング”に入ったわたし』だけ! つまりあの青い光が、わたしにも来るってことじゃないかな! わ、われながらすごいナイスアイディア……!
 すぐに、赤と白のボールの中にかわいいチョンチーの姿が消える。残された“アクアリング”は、わたしの胸の位置でそのまま止まっていて……

「ひゃっ!?」

 とつぜん、はじけるみたいな音がしたと思ったら服が重くなって……って冷たい冷たいっ! とにかく冷たすぎる!
 ……うう、チョンチーいなくなったらいきなり輪っか消えちゃうなんて。服もびしょ濡れだし、回復どころかって感じだねぇ……。



==============

◇ひとこと
大学で暇だったのでシリーズ、その4。全体的には第7弾の“アクアリング”をお送りします。
誰かこのお間抜けさんを止めてやってください。
今回もまた、プチストーリー的な感じですね。でもって初の一人称形式+ポケモンとの対話があります。
基本的には、私は今回のような一人称でものを書くことが多いです。書きやすいんですよね。
でもって、ポケモンとのかかわり方のスタンスもついでなので述べておくと。
基本的に、『ポケモンはしゃべれない。ただし、人間の言葉は理解可能』という感じです。ポケモン→人間の意思疎通が厄介な設定ですね。まぁそこは、トレーナーとして交流を深めていく過程で理解できるようになるということで。
さて、次回はアレなんですが、どうしましょう。かっこよく行くべきですかね、やっぱ。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS
ジャンル : ゲーム

NO.6 “アクアテール”

=============

「…………もーヤダ。いくらなんだって、もーいい加減にムリ」

 真夏の象徴たる白い太陽が照りつける下、薄手の学生服に身を包んだ少女が、汗を滴らせ息を絶え絶えにさせ、言葉を吐いた。
 彼女が立つのは、青く大きな直方体の窪み。今はわずかにその底面に残るだけだが、この場所が機能しているときには透き通った水が潤沢に満たされているもの――つまるところ、少女の通う学校に備え付けられた屋外のプールである。
 彼女の疲労した身を支えるのは、その両手で抱かれた一本のデッキブラシ。自分ひとりでこの広大な空間を清掃している現状と、掃除を済ませなければ現状が終わらないという状況を改めて確認し、少女の溜息は一層深みを増す。

「罰ったって、フツーはトイレくらいでしょ……なんなのプールって。ちっとも面白くないんだけど……」

 誰に言うでもなく、ひとりごちる声が清掃途中のプールに落ちる。確かに校則違反は行ったが、しかも幾度にも渡ってやらかしたが、だからといって一人でプールの清掃というペナルティは流石に自分の予想も限界も超えている、と少女は思う。
 ブラシを支えに見渡せば、辺りに広がるのはあまりに大きな青の床。その中で自分がブラシを走らせた面積はまだほんの一角であるという事実を知り、曲がる細い背がさらに深く雪崩れていく。
 せめて自分の体が大きければ、多少は楽だったのだろうかと、そうした考えに至った時、はっと少女はプールサイドに目を向けた。
 そこに置かれているのは、自らの荷物だ。太陽の光を浴びてすっかり熱を持っているであろうスクールバッグがあり、その横には大判のタオルが置かれていた。
 そのタオルの上に、赤と白の二色の球体が、三つばかり載せられている。
 少女は、その球体に吸い寄せられるよう、ふらふらとした足取りで炎天下のプールを横切る。たっぷりと時間を要して自分の荷物の所へと戻った彼女は、疲労のあまりデッキブラシから手を離してしまい、しかし空いた両手のうち、左手でプールサイドを、そして右手で二色の球を――モンスターボールを、確かに掴んだ。
 照りつける日光のごとく目を爛々と輝かせ、彼女は今出すことのできる全力を注ぎ、ボールを投じた。同時に、叫ぶ。


「――ギャラドス! “アクアテール”っ!!」

 一瞬の間を置き、少女の言葉は果たされることとなる。
 宙を舞ったボールから青白い光が発せられ、一気に膨らんでいく。
 それが長く大きなひとつの姿を取ったとき、光を割るような咆哮が響き渡った。
 夏の空に現れたのは、大蛇のようでも、魚のようでもある巨体だ。
 だがその身を包む青い鱗と、威圧の力を湛えた双眸は、巨体を形容するに相応しい別の言葉を求めているようであった。
 間を置かずに天へと昇り始める、その体躯。その姿は紛れようもなく、一匹の龍の飛翔である。
 海の青に染まった龍は、上昇の軌道をとってから、不意にその向かう先を変えた。
 その動きは、落ちるものであり、そして巨体自体に生じているのは、大きな縦回転の動作だった。
 それなりの高度を取っていた龍だが、しかし落ちる動きが添えられた回転は、一度もそれを果たすことなく、その中途で止められる、そんな動きだ。
 しかし、それで少女の言葉は果たされる。回転して落ちる青龍は、回転動作の中でその身の一点に光を集めていた。
 長大な一本の体の、頭と逆の位置。ヒレを持ったその場所は、ひとつの大きな尾だ。
 回転し、尾が内側に入り込むようにした状態で、この巨躯が泳ぐにはあまりに小さな水槽の底面へと叩き付けられる。
 直後、そこで爆発が生じた。
 といっても、爆ぜたのは爆炎でも瓦礫でもなく――巨体の尾から生まれた、新たな水の塊だった。
 飛沫の音が重なり、尾から波紋が広がる。そこで生じた多量の水は、そして龍が放った衝撃は、清潔を欲していた青い水槽から、確かにその汚れを吹き払っていた。
 波が砕けるような音と、滝の際に立つような水しぶきを受ける場所で、少女はその事実を見てとっていた。同時、水を得た体が牢獄から開放されたような清涼感を持つのを感じ、自然と彼女の顔が綻ぶ。
 
「やったっ! 作戦成功じゃない! うわ私天才だ、これならもう速効で終わる…………って、どったの、ギャラドス?」

 喜びに浸る少女の目線の先、青い巨体が自らの主人へと目線を送っていた。一見すると逃げ出したくなるようなその鋭い目の形の中に、なにか自分に伝えたいことがある様子を、トレーナーである少女は確かに感じ取る。
 少女の声を受けた水の龍は、その目を下に向ける。つられて少女も目線を落とすと、

「げっ……」

 思わずそう声が漏れた、その原因がある箇所。
 巨体の尾が衝突したそこに、小さく細かく、しかし確かに、一筋のヒビが刻まれていた。


=============

◇ひとこと
またもや、大学で時間が空いたので更新です。今回は、プチストーリー仕立てでもないですが、なんだか長くなってしました。
アクアテールのエフェクトって、水がバシャーンって広がりますよね。あれがなんか涼しそうだったので、攻撃以外に使ってみようと思って考えたのが今回でした。攻撃しちゃってましたが。
ポケモンの水ワザって、どこから水を持ってきてるのかよくわかりませんよね。そのへんもこれからのワザでいろいろやっていこうと思うので、適度にご期待ください。適度に。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS
ジャンル : ゲーム

NO.5 “アクアジェット”

===============

静流揺るがない川を挟み、二匹のポケモンが正対する。かたや紺色の体毛に身を包んだルクシオ、かたや橙の身体を持つフローゼルだ。
ルクシオが、よく通る鳴き声で対岸の水ポケモンを威嚇する。これ以上の進入を拒むかのようなその声に――フローゼルは、地面からその身をかき消した。
同時、二匹を分かつ川に、まるで小石が跳ねたかのようにいくつかの場所で飛沫が立った。その細かな水滴が川に戻るよりも早く、目を丸くしているルクシオの眼前に、水滴を纏ったフローゼルの右腕が迫り、間を置くことなく軽やかな一撃が打ち込まれる。
瞬く間。その比喩がほとんど実際であるかのような短い時間で、二匹の相対に始まりの一手が差されたのだ。


===============

◇ひとこと
大学でまだ時間があったので、もうひとつ作らせていただきましたって具合の第5回目は、“アクアジェット”でした。
使用ポケモンは、アクアジェットといったらコイツという具合のフローゼル。ゲームのバトルだったらマリルリの印象が強いですけどね。
前回比較とかだと特に文の短さが目立ちますが、手抜きではない……と思いたいです。
一応、先制ワザという特徴を考えてみた形になりますかね。前回の“アイスボール”は数ターンを使用するワザですから、こういうところでメリハリをつけていくべきなのかと思っています。個人的には、このくらいテンポが速いほうが読むときに楽そうです。そのへんとかも考えながら、今後もやっていきたいと思っております。

テーマ : ポケットモンスターHG・SS
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。