スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.68 “ガードスワップ”

==========

 “てっぺき”によって補助の防壁を形成したクチートが、その証拠として銀色に輝く衣のような靄に身を包んでいた。
 守りを固めた相手に対し、しかしキリンリキは猛然と直進する。繰り出した脚の連続が乾いた音を立て、長く伸びる首が風の抵抗を退けるように低く構えられたまま、疾風のようにその体がクチートに迫りーーその脇をすり抜けた。直前で走る軌道を逸らされたことに慌ててクチートが振り返る。
 その時には、小さな体の眼前に、黒く染まった顔が迫っていた。キリンリキの尾として伸びるその顔は、クチートの前で裂けんばかりに口を開き、その牙が即座に噛み落とされた。
 だが、牙が剥かれたのはクチートの体ではない。その周囲を揺れながら覆っていた、銀色の煙だ。為すすべもなく、靄が噛み砕かれ、黒い口に吸い込まれていく。
 時を置かずしてその銀色の靄はキリンリキの全身に回り、その主が入れ替わる。それを満足に思うような嘶きを上げながら、キリンリキはクチートを背に前進を再開した。

==========

・ひとこと

 キリンリキ△(さんかっけー)な今回。パワスワとは違ってガースワはいまいち使いどころが分かりませんね。使用者も少ないですし。
 “スワップ”なので、両者の状態を入れ替える描写が必要だったかもしれません。黒い口が食った後に自分の能力変化を吐き出すような感じでいいですかね。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。