スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.45“ウッドハンマー”

==============

 白の一色に覆われ、冷えきった空気が張り詰めた樹林の中で、巨体が蠢いていた。
 自らも雪の色を被った大木であるかのようなその姿は、自分を囲む木々のうちの一本に、抱くように腕を回していた。
 その姿――雪山の主とも呼べるようなユキノオーが、直後に震えだした。同時に、岩肌を強引に引き剥がすような軋みの音が静かな雪林に深く響き始める。
 と、ユキノオーが抱えている、その体長の数倍はあろうかという巨大な針葉樹が、同調するように震えだし、次第にその身を傾いでいく。
 繊維を引きちぎるような音が雪の中に加えられるのに、それほど時間は掛からなかった。その音は、樹の根元が半ばから折り断たたれる際に生じたものだ。
 天を突くように伸びていた一本の針葉樹が、今やその身を横たわらせる勢いで傾き、それをユキノオーの両腕が支えている。尖った葉から振り落とされる雪は、まるで局地的な豪雪のように林の中に落ちていった。
 ユキノオーの身体の震えが一層激しさを増し、それが腕に集約されていく。まるでその振動を具現したかのように、豪腕の周囲に深緑の光が生まれた。それが、合図になった。
 巨木の重みを全身で受けるユキノオーは、一度腕を体ごと背の側に仰け反らせる。軋みと振動がさらに広がり、巨体の足下が重量で雪に埋もれていく中で、反動を得たユキノオーが地を割るように吠えながら身を戻した。
 そのまま、体重は前へ、腕もまた、前方へ。振り下ろす動きが、そこで生まれる。
 腕に生まれていた深緑の輝きが、そこで弾けた。巨木がユキノオーの両腕から、発射された。
 長大な槍のような針葉樹が、空気を割るような速度と質量を携え、根元から飛ぶ。
 一連の様子を眺めるように立っていた周囲の木々を割り砕く音と振動の連続に、張本人たるユキノオーは脱力した体を振って顔を顰めた。


==============

・あとがき

 大針葉樹さんかわいそうに……な、もう何回目か分からないかわいそうにシリーズです。自然破壊シリーズとも言えます。
 ウッドハンマーって以前にユキカブリが使うのを描写したことがありまして、そのときはフツーのパンチに「木々の生命力のような大きな力を込めた腕」だとかの描写を付けたんですが、今回は木そのものをハンマー(と言えるんでしょうかコレ)にしてみました。並みのポケモンが食らったら非常にヤバそうですが隙がありすぎて乙な気もします。
なんとなくこのワザ、威力100くらいだと思ってましたが、立派なすてみタックルのお仲間なんですよね。対戦でのユキノオーのコレは結構怖いです。
 
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。