スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.37 “いやなおと”

==========

 ニューラの細長い脚が、無機質な鉄の床を蹴り飛ばす。
 跳躍の動きに、しかし追い縋る姿がある。それは一人の男で、右手にはポケモンを収めるモンスターボールを、左手にはスプレー缶を握っている。ポケモンの活動を沈静させる成分が入っているものだ。
 
「おい、待てっ! これでは実験結果が出ないではないか!」

 その声を聞き、ニューラの目元が吊り上がる。
 直後にその紺色の身体のポケモンは、自らの腕を振り上げ、堅い床へと落とした。腕の先で光る白銀の鉤爪の先端が、鉄板のような床の上を走った。

「なっ、ぐおああっ!」

 同時に、接触による捻れた高音が響き渡る。突き刺さるように鋭く、裂くように歪んだ金属音は、対面する男の耳にも届き、そこから男の全身を襲った。

==========

・あとがき

 個人的な嫌な音と言えば、黒板を爪でひっかくアレ。つーことでこんな風にしました。
 似たような使い方がポケスペにもありますよね。イエローはあの時耳メチャクチャにされたりあばら折られたり(実際はそんなことはないんでしたっけ)、散々な目に遭ってますよね。トレーナーへのダメージがまだ多かったころのポケスペです。あのシビアな世界観は当時のあのシリーズの大きな魅力の一つでした。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。