スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.16 “あばれる”

=============

 草の匂いが広がる深緑の中、静けさを湛えるはずのその森に、異音が走っていた。
 音を発すのは、長い齢を重ね続けてきた、老壮たる大木。その重厚な幹が、今この瞬間において、軋みの音を立てていた。
 振動と衝撃が、人の入り得ない深い森に再び響き渡る。いまやその根幹を折られかねないほどの打撃を受けた大樹の下にいるのは、一匹の小さな姿だった。
 丸い顔、丸い耳、丸々とした体。伸びる手足も小振りで、何よりも、はっきりと見開かれた二つの眼が真円を描いている。
 だが、森に落ちている小さな木の実のようなその瞳は、草と木の色に似合わない、滾る熱のような赤の灯火を宿している。爛々と輝く瞳が、ただ目前の大木の根元を捉え、ひたすらそこに小さな拳が打ち込まれていた。衝撃が、森を震わせる。
 小柄な姿の顔に刻まれた、三日月のような文様が、まるでその狂気を表しているかのように深い色を持つ。怒りでもなく憎しみでもなく、ただ我を忘れての打撃が、大木の身に響き渡り、軋みが大きくなっていく。
 その軋みが、ついに亀裂となってその身に現れたその瞬間、しかし衝撃は、突如として止んだ。
 深い森にはしばらくぶりの静寂が戻り、辛うじで生きながらえた大木の根元には、一匹のヒメグマが深い茶色の目を回して倒れていた。

=============

・ひとこと

 “あばれる”が野生で発動することもありそうだなぁと思って書いてみました、第16回目。あえて進化前のあのかわいい子にあばれて頂きました。大木さんかわいそうに……
 このワザや“はなびらのまい”とかは、攻撃中ではなく終了後こんらん状態になりますよね。ポケモンにおけるこんらんが完全な行動阻害である以上、暴れたり逆鱗に触れられたりしてる状態自体は、別に混乱してるわけではないんですかね。後で副作用的になるというか。今回はいちおう、そう解釈して書いてますです。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。