スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.12 “あくむ”


=============

 緩やかな動きが、右に振れ、同じだけ左に振れ戻る。
 その動きの一回一回が、こもった苦悶の鳴き声を上げさせた。
 終わりを知らないかのように同じ動きを続けるのは、怪しげな輝きを放つ、穴の開いた一枚の円板だ。穴に括り付けられた細い糸がその上へと伸びていて、その頂点には黄色く太い手指がある。
 五円玉の振り子のようなその円板を操る黄色い身体――スリーパーは、上がった鳴き声を聞き、曲がった瞳を一層細め、なおその動きを保つ。
 右へ、左に、右を、左が。
 一度振れれば、一度幻覚を送り込む。眠ったあの身体の中で再現されているのは、必死の逃亡劇か、過去の苦い記憶か、それとも得体の知れないものとの遭遇か。
 どうあれ、この幻影を操る怪しげな輝きは、眠りにつかされた者に陰湿な追い打ちを与えるのである。

「とはいっても……」

 溜息交じりに、目の前の光景を眺める。

「ぴ、ピィ! だいじょうぶ!? お願い、もうやめてぇっ……!」

 あたしのスリーパーから有りもしないような幻覚を送り込まれ、夢の中でそれを見させられるなんて攻撃方法を取られたピィの苦しげな表情と、か弱い声。その状況に顔を青くして震える、対戦相手の女の子の泣きそうな声。そういうものが目に入るわけで。

「……なんかこう、悪者みたいじゃない? あんた」

 勢いよく振り返ったスリーパーの目は、なんとなく「誰のせいだ」と訴えてる気がしないでもなかったけれど、それは気にしないでおくことにする。 


==============


・ひとこと

 あ、こんにちは。あまり夢は見ない私です。
 以前「ブラッキーがコレ覚えたらすげぇ最悪じゃね?」 とか思った“あくむ”をお届けします。イメージ的には有り得るのですが無くて本当に良かった……というか、ゴース系+スリーパー+ダークライさんだけしか覚えないという感じで、わりとマイナーなワザですよね。……って思ったら、XDの教え技でけっこう覚えるんですね。うーむノーマークですXD。
 あくむの描写、食らってる側が使ってる側かどちらにしようか迷ったのですが、悪夢っぽい描写がうまくできなそうだったので攻撃側にしました(注:このサイトは「ワザ描写!」という描写練習用倉庫です)。
 余談ばかりですが、スリーパーといえばポケセンのTシャツが異常に魅力的です。あれはもう公式でああいうキャラという認識でよろしいんですよね?
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。