スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.116 “クラブハンマー”

==========

 クラブの開かれた両腕が、ニョロゾの腕を捕らえようと交互に繰り出される。掴まれれば、そのまま断たれることも有り得る。ニョロゾは腕を前に出しつつも、すんでの瞬間を見計らって引き戻し、赤い腕の挟撃を避けていた。基本的な腕の回転速度は、この滑り気を帯びた紺色のポケモンに分があった。今は回避に徹しているが、相手の疲労を待って“さいみんじゅつ”を浴びせる算段も、既に立てられている。
 だから今は継続に努めようとニョロゾは思考し、その通りにして攻撃を捌く。次は体の前部に両腕を持ってきた。それによって一度大きな回避動作を見せ、クラブを急かす動きだ。狙ったとおり、開かれた赤い腕はニョロゾの腕に伸び、それが引くことで空を切り――そのはずが、ニョロゾの腕が引かれた直後、腕が固く閉じられた。その一瞬の動きに身を固くしたニョロゾの大きく開かれた渦巻き模様目掛けて、熱さを得た焼き色のような赤く硬い腕が飛び込み、直撃が生まれた。

=========

・ひとこと
 さっきから書いてて本当に超劣化川上稔っつーか無意識に氏の影響受けまくりっつーか……なことを再認識する次第。2段落目冒頭の「だから~、その通りに~」とかもう。私は物理法則とか格闘術の知識とかないのであてずっぽですけどね。まぁ、やっぱり都市→ホライゾンまで読んでると染み付きますよねぇ。文量が文量ですし。
 川上氏の戦闘描写は設定の詰め方が凄まじいのでそこはかなり好きなんですが、一方でもうちょい展開速度上げられるんじゃないかなぁと思うこともあるので、このままだと設定詰められず、テンポもさらに劣化でびみょー、ということになるのが心配です。まぁなんだかんだ、この人の文好きだからそれっぽくなるとどことなく楽しかったりするんですけどね! ちなみに今日ホライゾン3下を一気に半分ちょい読みました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。