スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.BW3 “アシストパワー”

===========

「おらおらおらァっ! 出すもんさっさと出しとけよォ!!」

 目深に被るフードを持つ装束に身を包んだ男が、薄桃色のポケモンに幾度となく蹴打を行っていた。高揚感をはらんで張られた声と共に、丸みを帯びた体に鈍い衝撃が走る。うずくまるように身を丸めたポケモン――ムシャーナは、きつく目を閉じて宙に浮かび、その場から動かずにいた。全身を淡い光が包んでいたが、蹴りの勢いは衰えることなく叩き込まれていく。
 その傍らに、一人の少女がいた。少し前にこの場に足を踏み入れ、目の前の光景を目の当たりにしたその小柄な少女は、唇を動かそうとして躊躇い、しかしやがて、意を決したように声を出した。

「や、やめ――たほうが、いいんじゃないかなぁ?」

 声の調子は、存外に軽いものだった。

「あァっ!?」

 フードの男は、少女の声に苛立ちを覚えて叫びで潰す。腹いせ紛れに、更にムシャーナに蹴りを加えた。が、

「あっちゃーぁ」

 少女は額の上あたりに手をやり、怯えを見せない態度と声音で反応を示した。その様子に、男が声を爆発させた。

「んだコラガキがァ、文句あんのかァ!!」

「文句はないんだけど、疑問がある、かなぁ?」

「っざけてんじゃね――」

 男がポケモンから少女の側に向き直り、掴みかからんと歩を進めようとする。
 その直後。男の背後で、甲高い音が響いた。疑問を感じで男が振り返る。
 そこには、ムシャーナが居た。目をこれ以上ないほどに見開いて、その瞳に光を一杯にため込んだ状態で。
 次の瞬間には、爆発音と共に男の体が猛烈な勢いで空中を舞っていた。

「あ」

 口を丸く開けた少女の頭上を、叫び声すら上げない男が一瞬で通り抜けていく。数秒を置いて、木の葉の擦れる音に混じった衝撃音が一面を揺らした。
 
 静寂が戻る。少女は苦笑いをしつつ、どこか調子良さげに独り言をつぶやいた。

「あなたの蹴ってるムシャーナ、どっからどう見ても“めいそう”使いまくってるけど、対策はしてあるの? ……って疑問、だったんだけどぉ」

===============

・ひとこと
 ※ベルさんではありません。
 「この ローキックよ ムンナに とどけ!」とかあるらしいですが、エスパーポケモンに蹴り入れたりすんのって結構怖くないですかね? まぁ、ムシャーナって温厚な性格のが多そうだからこの男も強気で出たんでしょうけど、ワザってもんを持ってるポケモンという存在に安易に手を出すのは結構おすすめできない気がしました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。