スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.BW1 “あおいほのお”

==========

 アタシたちが向き合う眼前に、その存在は居た。
 蜃気楼を纏いつけたように歪んで見えるその全身は、他に存在しうる全ての色を排したような、純然たる白の一色に染まっている。
 陽炎のように揺らぐ翼が、熱されていく空気を撫でる。その熱は、白い身体の背後に伸びる、噴出孔のような構造をした尾から生まれているのだと、アタシは推測する。白い身体の中で、そこだけが火山の火口のような赤と橙を湛えていた。

「――シャンデラ、気をつけて」

 暗がりに満ちたこの部屋を照らし上げるような熱に、汗が頬をわずかに伝う。圧するような熱の中で、アタシは声を発した。
 数歩の距離を置いて浮かび上がる、アタシのポケモン。向き合う姿に比べれば、その身体は小さく細い。
 けれど、このポケモンには力がある。他者の炎を受け入れて、自らの力として変換してしまう、強力な力が。彼が――対峙するあの少年が、その事実を知っているかはアタシには分からない。けれど、悪くても牽制、良ければ機転となるのは、間違いないはずだ。

 ややあって、動いた。
 少年だ。淡い緑の長髪を揺らし、帽子の黒いつばを小さく持ち上げ、静かに何事か、唇を動かす。その言葉を受けるのは、この場の空気を全て支配している、あのポケモン。攻撃が来る、と、直感でもなんでもなく読み取れる。
 白い全身が姿勢を低く取り、尾の先端が天井を向く。溜められていた赤い色が、炎となって空中に浮かび上がっていく。瞬く間に増加した光源が、部屋を囲む本棚の木目を照らし上げていく。

 炎が来た。
 それはつまり、好機が生まれたということ。
 アタシはすかさず、シャンデラに言葉を飛ばす。

「今ですよっ、“シャドーボール”!」

 と、アタシは確かに言った。そのはずなのに、アタシのポケモンは反応を見せなかった。

「シャンデラ――」

 何を、と言おうとして、気付く。闇色のポケモンが硬い音を立てて、震えていることに。原因を探る前に、答えが産声を上げた。
 白い身体の中で、もう一つの色が残っていた。空色。水色。青。
 瞳に残されていた色が、その青が輝いた。
 瞬間、全てが青に変わる。空気を埋め尽くしていた橙の炎の輝きが全て、清涼感すら覚えるような澄み渡った色に。
 けれど、こみ上げてくるのは、ただただ、熱いという感覚。立っていることに耐えられないほどの熱量に、押し潰されそうになる。
 心の中にあった絶対の確信に、まさか、という揺らぎが生じる。けれどそれはもう、遅かった。

 雄叫びが聞こえる。尚も強く燃え上がろうとする意思を轟かせるような音に、炎が呼応した。
 炎が青の色のまま、落ちてくる。シャンデラの全身が瞬く間に取り巻かれて――闇の身体に吸い込まれることなく、濃い空色の爆発が空間を埋め尽くした。

============


・ひとこと

 ごめん! ほんとごめん! なに文章省略とか! 今回は許して!

 ……ええと、第五世代ワザ、はじめました。とりあえずこういう番号振りでやってみようと思います。イッシュ図鑑、的な。
 で、お初はまさかの伝説ワザ。いやあ、アクロバットだと思ってたんですけどね。ホワイト民には無縁のワザです。だからようつべでエフェクトチェックしたりして。
 
 シチュは分かりましたでしょうか。レシラム→ターボブレイズ→特性無視→がんじょう?→もらいび!→ストーリー絡み→シャンデラ+小説家の人!! という感じで引っ張らせていただきました。レンブさんのダゲキ葬るよりもこっちのほうが良かった……とは思うんですが。

 まぁ、そんなキャラを使ってはいますが相変わらず二次創作は苦手なので心情面はほぼスルーです。こういうときに逃げずに書いていくのがいい経験になるとは思うんですが。

 とりあえずこんな感じで、今週からはワザ描写:ブラック・ホワイトもですー。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ぱすてぃ
ポケモンと百合に熱を注いでいる人です。当面の目標はオリトレの百合長編を書くことですがいつになるやら。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。